当店のこだわり   良くある質問   低価格でご提供できるワケ   毛皮のリフォーム





よくある質問

食べ物や飲み物をこぼした場合はどうしたら良いですか?

できるだけ早くハンカチかティッシュペーパーで吸い取り、ぬらしてきつく絞ったタオルで、汚れを叩くように拭いてください。その時に熱湯は使わないでください。

雨が降ってきて濡れた場合はどうすれば良いですか?

逆さに振って水分を弾き飛ばしてから乾いたタオルで優しく拭き、陰干しして自然乾燥させてください。

クリーニングに出す目安を教えてください。

だいたい2〜3年着たら、毛皮専門店か買ったお店に依頼したほうが良いでしょう。
毛皮のクリーニングは通常のクリーニングと違い、毛の隙間に入った埃を取るためのものですから洗剤は使わず、細かいパウダーを使う「パウダークリーニング」になります。

クローゼットにしまう時に注意することはありますか?

・ハンガーは太めのものを使用してください。細いと肩がぬけるおそれがあります。
・防虫剤は匂いのないものを使用し、毛皮に直接触れないようにしてください。
・窮屈なタンスなどにはしまわないでください。
・スペースに余裕をもって保管してください。

毛皮を着る時に気をつけることはありますか?

・毛が折れてしまいますので、毛皮を着たまま長時間座らないでください。
・毛は匂いを吸い取るので、香水の使用はなるべく避けたほうが良いでしょう。
 首の周りが変色してしまったりします。

毛皮のお手入れ方法

1.湿気はツヤをなくしカビを生む!

まずは毛皮の天敵ともいえる湿気予防から徹底しましょう。湿気の多い場所で保管すると大切
な毛皮にカビが生え、イヤな匂いが発生する場合があります。また当然、毛皮の命ともいうべき
毛づやもなくなり後々にリフォームができないこともあります。まずは湿気の少ない場所での
保管を!

2.タンスの満員列車は毛折れの原因!

人間の頭髪などでも同じことがいえますが、お風呂上りのサラサラの髪が一晩で寝癖がついて
ハネ上がり・・・。これと同じように毛皮も狭いタンスなどに押し込まれていれば当然癖が
ついたり、毛が折れたりしてしまいます。隣の衣類と触れ合わない程度の余裕をもって保管する
よう心がけましょう!

3.細身のハンガーは型くずれのもと!

保管時の意外な落とし穴が針金ハンガーに吊るすこと。毛皮全体の型くずれのもとになります。
シーズンが終わった保管時にハンガーに吊るす場合は、必ず厚みのあるしっかりとしたハンガー
をお選びください!

ページトップへ