当店のこだわり   良くある質問   低価格でご提供できるワケ 





当店の毛皮はここが違います。

簡単にいってしまいますと私自身が欲しくなる商品です。

私たちは、自分が着たくなる商品がお客様にご購入頂ける
商品だと考えています。
この年代の方にはこの毛皮のお色がいいとか、
このデザインがこの年齢層に合っているなどと市場リサーチを
行い製品作りに反映する。
もちろん会社というものは利益を追求する以上、この考えを
否定するつもりは全くございません。
しかしながら私たちは敢えてこのマーケットインという
手法を今まで採用したこともございませんし、今後もそのつもりはございません。

人それぞれ顔が違うように、私たちの作る製品もお客様にとって捉えられる感覚もそれぞれ
違ってくるのではないかと考えています。

一度弊社の製品を購入して頂いたのなら末永く着て頂きたいのです。
一時の流行のような製品を作っても購入したお客様に袖をなかなか通して頂けないことは、
私たちにとっては最も悲しいことなのです。

『とっても気に入った服は何度でも着てしまうけど、その場の成り行きで勧められるがまま
購入してしまった服はなかなか着る気になれない。』
そんな経験はありませんか?

市場リサーチを行いターゲットを絞ってお客様に着て頂ける様なもの作りを行ってしまうと
どうしてもデザイン選定、材料選定などにおいて自由度がなくなってしまったり、
魅力のない製品に仕上がってしまうといったことになってしまいます。

【作り手がわくわくできる服作り】が私たちが製品化する上での判断基準だと考えます。
試作サンプルが出来上がってくると、男女問わず社員全員が袖を通し、ここをこうしよう
とかこの色はどうかとか、すぐに製品製作会議が始まります。

お客様からオーダーが来る前に社員が自分用にオーダーしてしまうといったことも
日常茶飯事です。自分がオーダーできる=製品への愛着、自信の表れだとも言えるでしょう。

徹底したこだわり=品質に見合わない価格→品質に見合わない安さ。

製品の企画・立案→パターン化→試作→製品化への作りこみを納得いくまで行う。
一般的には試作は時間を余りかけないが、当社の場合、納得いくまで作りこみを
行います。
無駄かもしれませんが何度試作が失敗しても絶対に諦めません。

毛皮の命である材料選定を徹底して行います。
素材が良くなければ良い物ができません。逆に材料にこだわるが故に、良い材料が
まったく入手できないことも・・・。
大量発注のつもりが、一品物でおわってしまうこともしばしば。

徹底した作りこみ→顧客に満足していただける製品を作りこみます。
納得して作らせるためバイヤーが3ヶ月海外に滞在したこともあります。

良い製品作りを徹底するため、自分たちの製品思想を理解してもらえる提携工場
とのみ取引します。

使い古された言葉ではありますが、良い品をより安く。
製品思想を理解してもらえ、細かいことにも煩がらずに対応してもらえる工場探し。
そして自分たちの考える良い品をお手頃な価格を具現してもらえる工場探し。
日本から中国四川省まで飛行機で4時間、さらにバス・鉄路で8時間のような山の
奥地で良い素材、納得いく技術で作ってもらっている製品もあります。

素材の特徴を活かした毛皮服作り。弊社のパタンナーが一つの製品に
対して数十枚ものパターンを引くこともあります。
結果として数十枚の試作品が出来たり、バイヤーも海外現地と工場と
パターンの数だけ打合せを行うことも・・・。
それほどまでに着やすさを追求。

お客様をハッとさせる、ディスプレイに飾ってある毛皮をご覧に
なられた時に試着してみたい、着てみたいと思われる、お客様がその
毛皮を着た自分をイメージしてしまいそうなデザイン、最適な
原皮(色、加工)を選択。
試着を勧めなくても着てみていいかしらとおっしゃるような毛皮作り。

洋服、工業製品どれも同じなのですが、製品作りには製品作りに関わった
人間との思想や思い入れ=魂が入っています。
どんなシーンで使っていただけるかとかどういう風に製品化すれば
お客様に喜んでいただけるか等を考え製品を作りこんでいきます。
魂の入っていない製品は、魅力のない製品になってしまうと私たちは
考えています。
毛皮の暖かさももちろん大切ですが、私たちが作った毛皮服を着て頂ける
お客様にデザイナー、パタンナー、バイヤーなど弊社社員の製品作りに
かけた並々ならぬ努力、そしてそれぞれの製品に対するスタッフの
愛着=暖かさを感じていただくファー作りを行っています。
だからこそ自信を持って商品をお勧めできるのだと思います。

ページトップへ